【副業初心者の落とし穴】物販ビジネスで自滅する人の特徴

スポンサーリンク

こんにちは、どでぃーです。

近年、個人でもできる物販副業にうってつけのプラットフォームがそこら中にあります。

  • アマゾン
  • Yahooショッピング
  • ヤフオク
  • 楽天
  • バイマ
  • メルカリ
  • Ebay

 

集客をしてくれる大手プラットフォーム上で販売は確かに初心者にとっても始めやすいスタイル。

一方で自社ショップではなく、プラットフォームを通しての販売だからこそハマりがちな落とし穴があります。

特にちょっとネットで調べたくらいで始めてしまう初心者が陥りがちです。

その穴にハマると、費用対効果は下がり、せっかく始めたビジネスが非効率な単純労働になってしまいます。

 

今回はそのパターンを共有したいと思います。

 

副業で始める物販ビジネスの落とし穴

前提として、自社ショップではなくプラットフォーム上での物販ビジネス向けのお話です。

 

安くすりゃいいと思っている

何がなんでも販売実績を作ろうと、片っ端から最安値にして、100円利益とかでも販売しようとしている人がいます。

何をどう差別化していいかわかんないから、わかりやすい価格をひたすら下げる。

表向きの販売件数や売り上げしか見ていない。

遅かれ早かれ失敗する典型パターンです。

これに陥る人は、価格を下げて売り上げを立てる代わりに、どんなリスクを背負っているのかがわかっていない人に多いです。

価格を下げるということは、

  • 利益が圧迫される
  • 利益(収入)に対する労働が増える
  • 信用が積み上がらない

 

というとてつもないリスクがセットになっています。

 

 

「安さ」で釣ったお客さんは、残念ながら価格以外であなたに何の魅力も感じていないので、リピーターに繋がりにくいです。

 

つまり、

 

安くして売上を上げる

利益率は下がる

さらに売り上げを上げるために安くする

労働効率は下がる

 

という非効率な単純労働の悪循環に陥ります。

 

すでに物販をされている人は、確認手段として一度試しに純利益に対してあなたの時給を換算してみるといいと思います。

 

粗利じゃないですよ?純利益です。

 

「安い」だけで勝負している人は時給が恐ろしい程低いはず。

 

「じゃあ資金も経験もない初心者が価格以外でどう勝負すりゃいいの!?」

 

と疑問が浮かぶと思います。

 

現実的な方法としてはブランディング、つまり「お店を自分色に染めること」です。

 

が、まさに次に陥るパターンがこのブランディングのところ。

 

スポンサーリンク

ブランディングは不要だと思っている

バイマ販売初心者の方から相談を受けた時に何度かもらったコメント。

 

「欲しい商品がプラットフォーム上で検索されるんだから、お客さんから見たら出品者のブランディングなんて関係ないですよね?」

「バイマのようなプラットフォームで自分のお店を差別化なんてできないと思いました。」

これもよくある物販ビジネスの落とし穴。

 

結論からいうと、初心者ならむしろブランディングが全てです。

例外として、アマゾンのようにプラットフォーム自身が窓口の要素が強いタイプは確かに一理あります。

でも楽天やバイマのように個別のアカウントページがある場合は、実はブランディングは超重要。「安い」でしか売れない上にブランディングがないと、何一つ信用が蓄積されません。

繰り返しになりますが、「安い」で釣るしかなくなり、利益は日々圧迫され、終わりのない単純労働化という地獄のループに陥ります。

結果、遅かれ早かれ疲弊しきって自滅してしまいます。

今までに端から見たらイケイケだったのに、突然消えるバイヤーを何人も見てきました。

経験も資金もない初心者が、価格以外で差別化を図るには、結局ブランディングしかないんですよね。

その辺については有料記事になりますが、Note上でも掘り下げていますので、興味がある人は参考にしてみてください。

【BUYMA(バイマ)販売】売れるお店を作るために最も重要な考え方

 

物販ビジネス初心者こそ独自性で勝負!

カスタマイズ性の薄いプラットフォーム上でブランディングを不要だと考える人はたくさんいます。

だからこそ、ある意味初心者にはチャンスです。

ブランディングとは一言でいうと、「お店を自分色で染めること」

  • 具体的なターゲット
  • お店の雰囲気
  • 商品ラインナップ
  • 接客スタイル

などなど、全てに関して「一貫性のあるあなたらしさ」を作っていくんです。

非常に奥深いところがありますのでここでは割愛しますが、「あなたらしさ」に刺さる人を少しずつ獲得していくのが、長期的にみたら実は最も効率的な方法なんですよね。

では!

スポンサーリンク